医療施設の設計と緑の計画

病院に庭があり、緑の意義を理解する医療スタッフがいて、緑が好きで緑と共にいたい患者様がいる。これだけ条件が揃っている場合でも、上手くいかないことがあります。庭が、荒れて、不快な印象を与えるようになったり、維持管理のお荷物になってしまうことも。とてももったいないことです。

様々な理由があります。「最初に緑を活用する前提で計画していない」こと。そして、「意図が共有されていない」こと、「管理の仕組み・利用の仕組みがない」ことなどなど。

施主、建築設計士、造園設計士、ゼネコン、造園会社、そして管理スタッフ、医療スタッフと、多くの人が携わる中で、想いを共有し現実に維持管理を継続していくのは確かに難しいことかもしれません。

しかし、どこかに方法はあるはず。今回、どうすれば病院の庭・緑地空間が活きたものになるのかを探り、「計画時点でできることはないだろうか?」と考えていく勉強会を、建築や造園の設計に携わる皆様と開催していくことにしました。

まず1回目に、病院緑化の研究をされてきた岩崎先生をお招きします。

1月29日(水)18:30~20:00  大阪市中央区(最寄駅:天満橋駅)で開催します。

お申し込みをお待ちしています!

お申込先 : info@greenhospital.jp  

*お名前・所属・電話番号・「1/29勉強会参加希望」とお書きの上、お申し込みください。

*席数が限られていますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。定員になり次第締め切りいたします。

*主に設計などに携わる方を対象としていますが、それ以外にこの分野に興味を持っている方にも参加していただけます。

*Green Hospital Project*  https://www.greenhospital.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中