お庭のリフォームに向けて

【関屋病院プロジェクトレポート②】

施設の庭づくりには、意思決定をする施主、計画する設計士、施工をする造園業者、維持管理をする施設管理スタッフやガーデナー、実際に活用する患者様と医療スタッフなど、多くの人が関わります。しっかり連携し意思疎通ができていないと、せっかくできた庭が、結局「使えない」「使いづらい」ということになってしまいます。良い庭を作りたいという思いは同じはずなのに、本当にもったいないことです。

関屋病院プロジェクトでは、その「もったいないこと」を少しでも減らすために、時間をかけて庭のリフォーム計画を立てています。

10~11月にかけて病院スタッフの皆様からヒアリングした内容を、庭のデザインに落とし込みました。そして、今回のプロジェクト会議では、デザインをじっくり眺めながら、スタッフの皆様に「使う場面」を細かく想定していただきました。いつどんな時に患者様は庭に出るのか、庭に出るとき患者様の視線はどこを向くのか、医療スタッフはどう動くのか、イベントを開催するときはどんな流れで進むのか。

「患者様に、少しでも気持ち良い空気に触れてほしい」「開放感を味わってほしい」というスタッフの気持ちが、アイディアとなって溢れて出てくるような時間になりました。

関屋病院の屋上庭園は、お天気の良い時には遠くまで眺められる開放的な場所。庭の持つ可能性を目一杯引き出せるように、引き続き計画を練っていきたいと思います。

庭のリフォーム計画の初めは、プロジェクトに参加する病院スタッフへの
ヒアリングから。
プロジェクトメンバー以外の病院スタッフにもヒアリング。
患者様やスタッフの動きを細かくシュミレーション。
庭のリフォーム計画は、病院のスタッフと一緒に作り上げています。

広くて開放的な屋上庭園です。
この空間の可能性をどこまで引き出せるでしょうか?頑張りましょう!

*医療法人弘生会 関屋病院* http://kouseikai-sekiya.or.jp/

*Green Hospital Project*  https://www.greenhospital.jp

グリーンホスピタルネットワークへの登録もお待ちしています。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/6965ec52572486

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中